その他

セフレで性犯罪を抑制

痴漢をはじめ、性犯罪は性欲のコントロール不能から発生します。普段の様子からはまったく予想できない事件を起こす人も少なくなく、周囲は「なぜ、あのように真面目な人が」と困惑します。

コントロールを失った性欲は、強い攻撃性・行動力を持ちます。それは、当の本人すら困惑する威力です。

しかし対策はあります。コントロールを失う原因がはっきりとしてるのですから、適切な対策をすればよいのです。

手軽且つ確実な対策は、セフレをつくることです。

恋人や伴侶がいても推奨はセフレ

恋人・伴侶とのセックスは、とても気を使います。誘い方はもちろん、行為の内容によっても今後の関係を揺るがす可能性があるためです。またセックスレスの根底には、こうした事情があります。

セフレとの交流はシンプル・イズ・ベスト

セックスを楽しむだけの間柄であり、プライベートに干渉する付き合いは行われません。連絡も簡潔であり、したくなったら連絡・返信を行います。

セフレであれば性癖を暴露しても問題ない

恋人・伴侶には隠しておきたい性癖でも、セフレの前では問題ありません。何故ならセフレは、あなたが何処の誰だか知りません。素性の知れない相手の性癖を暴露することは、不可能です。

また性癖を重視してセフレを探せば、これまでにないセックスを楽しむことができます。

未成年者との性行為は絶対にNG
男女が性行為を行なう代償として金銭の授受があれば、それは売春として犯罪行為となります。
これは男女どちらがお金を支払おうと同じですし、また未成年者が相手であれば青少年育成保護条例に違反することともなってしまいます。

こういった犯罪は以前も存在していましたが、インターネットの普及により加速度的に増加しているのが現状です。
その代表的なものが出会い系サイトです。

こういったサイトにおける未成年者の行為が社会問題ともなり警察や自治体による取り締まりも強化されている現実の裏で、それらをかいくぐってこのような行為はまだまだ行なわれている実態があります。
一応出会い系サイトでは登録時に年齢の確認を行なっており未成年者は登録できないこととなっていますが、完全に未成年者の利用を排除することはできていません。

したがって、相手を未成年者と知らずに関係を持った男性があとから摘発されるという事態も少なくないのです。
また、未成年者とわかっていながらも一時の快楽のために行なう人がいることもしばしばです。
そのような行為をして捕まってしまうと、社会的にも制裁を受けまた家庭も崩壊の危機を迎えることにもなりかねないのです。
絶対に未成年者との性行為は避けなければなりません。

セックスを楽しむためだけに付き合うセフレを探すセフレサイトならまさか未成年者はいないだろうと思っている人もいるようですが、そんな保証はどこにもないのですよ。
用心に用心を重ねるようにしましょう。